VICTORIA SELFESTE:利用規約

利用規約

【VICTORIA SELFESTE 利用規約】

第一章 総則
第1条(定義)
(1)「当社」とは、VICTORIA株式会社をいいます。
(2)「本施設」とは、当社が運営する『VICTORIA SELFESTE(ヴィクトリア セルフエステ)』をいいます。
(3)「会員(メンバー)」とは、当社が本施設の利用を承認した方をいいます。
(4)「本規約」とは、当社と会員との間の本施設利用に関する契約規定を意味するものとし、当社が定めるこの利用規約及び、特定商取引法の表示に表示する諸条件その他当社が当社のウェブサイト上で掲載するポリシーや本施設の利用に関するルール、各種規定等で構成されるものとします。

第2条(運営管理会社)
本施設の運営管理は、当社が行います。

第二章 会員
第3条(入会資格)
本施設の会員は、次の各号のすべて満たす方に限ります。
① 本施設の趣旨に賛同し、利用規約その他の規則に同意いただいた方
② 健康状態に異常がなく、医師から運動を禁止されていない方
③ 心臓病、高血圧症、皮膚病、伝染病、精神病及びこれに類する疾患のない方
④ 暴力団関係者でない方
⑤ 過去に、当社より除名等されていない方。
⑥ その他、当社において会員資格があると認められた方

第4条(入会契約の締結及び手続き)
本施設の会員となることを希望される方は、申込手続きをおこない、当社が定める入会金を納入していただきます。

第5条(入会金)
(1) 入会金は当社が別途定める金額とし、入会時に領収します。
(2) 領収した入会金はいかなる理由に関わらず返還いたしません。

第6条(会員証)
(1) 会員は、本施設の入場に際して、VICTORIA SELFESTEのサービスwebページにログインし、メンバーコードをチェックイン端末にかざしチェックインする事でプログラムの受講が可能となります。
(2) 会員は、いかなる場合にも、ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与することはできません。

第7条(利用資格)
次の各号に該当する方は本施設をご利用できません。
① 酒気を帯びている方
② 刃物など危険物をお持ちの方
③ 妊娠されている方
④ その他第3条各号を満たすことができない方
⑤ 利用料金を滞納されている方

第8条(利用料)
(1) 会員は本施設を利用する場合、当社が定める利用料を支払うものとします。
(2) 支払済みの利用料については、一切返金いたしません。

第9条(本施設利用)
当社は本施設利用の円滑化を図るため、本施設利用は原則的に予約制とします。予約時間、予約方法などに関しては別途定めます。

第10条(体験利用)
(1) 体験利用者は、当社所定の手続きを行い、当社が承認した場合、本施設を利用することができるものとします。
(2) 体験利用者は、別途当社が定める体験利用料金を当社に支払うものとします。
当社は、当社に債務不履行等の帰責事由がある場合を除き、体験利用者から受領した体験利用料金の返還を行わないものとします。

第11条 (ビジター利用)
次の各号のいずれかにあてはまる方は、当社所定の手続きを行い、当社が承認した場合、ビジター利用を行うことができます。
(1) 前条に定める体験利用を過去に行ったことのある方
(2) 会員が、会員プランごとに定める利用可能時間外に利用する場合
(3) 過去に会員だった方
当社は、当社に債務不履行等の帰責事由がある場合を除き、ビジター利用者より受領した利用料金の返還を行わないものとします。

第12条(予約取消)
無断キャンセルを行った会員は、以降の予約が制限される場合があることを予め承諾します。

第13条 (利用者の責任)
(1) 会員は、本施設の利用を会員自らの責任において行なうものとします。会員は、自身の行為の結果について一切の責任を負い、行為の結果生じた損害(弁護士費用など一切の費用を含む)を負担するものとします。
(2) 会員は、本施設の利用を通じて当社または第三者(他の会員を含む)に損害を与えた場合には、会員自らの責任と費用負担において、その損害を賠償しなければならないものとします。
(3) 会員は、自己のID・パスワードまたはバーコードの管理について一切の責任を負うものとし、第三者が会員の許可や知見なくこれらを使用することにより本施設が利用された場合でも、会員自らが当該利用を行ったものとみなされ、それにより生じる責任を会員は負うものとします。

第 14 条 (休会・退会)
休会・退会をしようとする会員は、店舗に来店のうえ、別途当社が指定する休会・退会手続きを行うものとします。
①休会・退会をしようとする会員は、希望月の前月15日までに店頭に来店のうえ、手続きを行うものとします。また、休会日・退会日は希望月の末日とします。
・ 退会・休会届提出日:毎月15日まで
・プラン満了日:翌月末日
  (例:4月15日までに退会・休会届提出、5月末満了)
  (例:4月16日~5月15日に退会・休会届提出、6月末満了)

②休会・退会をしようとする会員は、当社が定める期間(契約プラン・キャンペーンプランに準ずる)を満了した上で、手続きを行うものとします。満了に満たない場合は、違約金(22,000円税込)を支払わなければならないものとします。

第15条(会員資格の喪失)
会員が次の号のいずれかに該当した場合には、その資格を失います。会員資格の喪失時期は会員が該当したそのときとなります。
① 死亡したとき
② 第3条に定める会員資格が欠けたとき
③ 第16条により除名されたとき

第16条(除名)
会員が次の号のいずれかに該当する場合、当社は会員を除名できます。この場合において、会員は損害賠償の請求をおこなうことができません。
① 提出する書類に虚偽の申告をしたとき
② 本規約・規則・その他の規程に反する行為があったとき
③ 本施設の名誉・信用を傷つけ、または運営の秩序を乱したとき
④ 本施設の設備などを故意に損壊したとき
⑤ 利用料金その他の諸費用を滞納したとき
⑥ 第19条の禁止行為に違反したとき
⑦ 度重なる無断キャンセルで他の会員に迷惑をかけていると運営側が判断したとき

第17条(体験利用)
(1) 当社は、入会前の体験利用として、会員以外の方(以下「体験会員」という)に本施設を利用させることができます。
(2)体験会員は、別途当社が定める体験利用料を当社に定めるものとします。
(3)体験会員は、会員と同様に、本利用規約を遵守するものとします。

第三章 運営・管理
第18条(諸規則の遵守義務)
会員及び体験会員は本施設の利用に際し、所定の手続をおこなうとともに、本規約、細則その他の当社が定める運営管理に関する規則に従うものとします。

第19条(禁止行為)
会員は、以下に掲げる行為をしてはならないものとします。
① 法令・条例に違反する行為
② ストーカー行為など、他人の迷惑や本施設利用の妨げとなる行為
③ 他人を誹謗・中傷(SNS等インターネット等の書き込み含む)する行為
④ 他人に成りすまして本施設を利用する行為
⑤ 当社の業務を妨げる行為
⑥ 他人に対する暴力や本施設設備への落書きなど、公共のマナー・道徳に反する行為
⑦ ペット・動物を持ち込む行為
⑧ 本施設内での飲酒・喫煙行為
⑨ 他人の本施設利用を妨げる行為
⑩ お子様同伴での本施設の利用
⑪ その他上記各号に準じる行為

第20条(休業日)
休業日は、年末年始、設備等の点検・メンテナンスや改装、及び当社が別途定める日とします。

第21条(営業時間)
営業時間は、当社が定めるものとします。

第22条(免責)
(1)会員及び体験会員は、本施設内において、自己及び自己の所有物を自らの責任において管理するものとし、当社は、本施設内で発生した盗難・傷害その他の事故について当社に故意または重大な過失がある場合を除き、一切の賠償責任を負わないものとします。
(2)会員が本施設の利用中、会員自身が受けた損害に対して、お肌に合わない時は、使用を中止して下さい。
(3)会員同士の間に生じた事件・トラブルについて、当社は、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、一切関与いたしません。
(4) 会員及び体験会員は、当店が使用、販売するクリームや美容液等、また飲食において、自らの責任において使用するものとし、一切の賠償責任を負わないものとします。
(5) 会員は規約順守いただくものとし、規約に違反した行為があった場合,当社は一切の賠償責任を負わないものとします。

第23条(会員の損害賠償責任)
会員及び体験会員は本施設の利用中、会員の故意または過失により当社・他の会員・第三者に損害を与えたときは、その会員及び体験会員が当該損害に関する責任を負うものとします。

第24条(事故の責任)
会員は、本施設内の活動に際しては、本施設の諸規定及び本施設管理責任者並びに指導者の指示に従い、自己の責任において行動するものとします。会員は、これに違反して盗難、傷害等の事故が起こっても、本施設及び指導者等に対して一切の損害賠償を請求しないものとします。

第四章 その他
第25条 (個人情報の保護)
当社は、個人情報の取扱に関する個人情報保護ポリシーを策定し、遵守するとともに、会員の個人情報をより安全、適切に取り扱います。

第26条(権利義務の譲渡の禁止)
会員は、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第27条(諸料金の改定)
当社は、入会金・会費・利用料等について、社会・経済情勢の変動を勘案して、改定することができます。

第28条(諸規程の改定)
当社は、本利用規約・その他の本施設の運営及び管理に関して、改定を行うことができます。この場合において、改定の通知は、1カ月前までに当社HP等により会員に対して告知するものとします。その適用は改定後のすべての会員を対象とします。

第29条 (準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
本サービスに関して紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

【VICTORIA SELFESTE マシンレンタル利用規約】

この規約(以下、「本規約」といいます。)はVICTORIA株式会社(以下、「甲」といいます。)が所有する美容機器等(以下「本件機械一式」という。)をお客様(以下、「乙」といいます。)にマシンレンタルする にあたり、レンタルの方法や費用、返還方法等について定めるもので す。

 第1条 定義について
本件機械一式とは、次の各号に定めるものをいいます。
1, 対象機種がiContourXの場合iContourX本体、キャビテーション1本、ラジオ波EMSBODY1本、ラジオ波EMSポレーションFACE  1本、サーマルスタンプ1本、電源コード1本

2条 レンタル料等について
   1, 乙は、甲に対し、本件対象機械一式につき、レンタル料として 、規定の月額費(27,280円税込)を支払うものとします。
2, 乙は、甲の施設を甲のプレミアムオールデイ80のメンバーとして無料で利用することができます。ただし、施設の利用が困難な場合 であっても、前項のレンタル料については減額 返金等は行いません。
3,  甲は、乙に対し、乙がマシンレンタルを解約したときであっても、事由の如何を問わず、本条第 1 項を返金しないものとします。
4, 乙は、甲に し、本条第1項のほか、マシンレンタル申込時に、本件機械一式の送料として、金 5,500円(税込)を支払うものとします。
5, 乙の都合により交換を行う場合には、本件機械一式の交換手数料として金11,000円(税込)を、送料として対象機種が第1条第1項(1))の場合は金5500円(消費税込)を、乙は甲に対し支払うものとします。また、事由の如何を問わず、本件機械一式が返送された場合のほか、新たな送料や保管料等の付帯費用が発生する場合には、その実費を乙は甲に支払うものとします。
6,  乙は、本条第4 項の対象機種及び本条第5 項の変更後の対象機種の発送時に使用された梱包材について、保管するものとします。
7,  乙は、甲に対し、対象機種の入荷待ちの場合等において、予約金として11,000円(税込)を支払っていただくことがあります。予約金はマシンレンタル開始時に乙が支払う初回費用から差し引きをします。なお、乙が予約をキャンセルした場合であっても、予約金の減額・返金等は行いません。

3条 期間について
1, マシンレンタルは、甲が、乙からマシンレンタル申込書を受領した日から1週間が 過した日から効力を生じます。
2, 乙は、前項の効力発生日から申込月後からの4ヶ月が 過するまで(1月中の申込みの場合は5月末まで継続期間)は、本規約第9条第2項および同条第3項に規定するマシンレンタルの中途解約を行うことが できないものとします。ただし、乙が諸事情により退会申請される場合は、違約金として入会金事務手 55,000円(税込)をお支払いいた だいた上、所定の手続きをして退会手続き完了となります。入会時に入会金事務手 料55,000円(税込)をお支いいただいた方は、入会日の翌日以降にマシンレンタルの中途解約手きが可能となります。

 第4条 使用方法の遵守等について
1, 乙は、甲が指定する本件機械一式の使用方法を遵守するものとします。
2, 乙は、本件機械一式について、以下の行為をしてはなりません。
(1)本件機械一式について、店舗でのレクチャー、動画等によるレクチャー等を受けずに利用すること。
(2)本件機械を甲が指定するクリーム、ジェル等以外のものを利用して使用する行為。
(3) 本件機械一式に新たに装置,部品,付属品などを付着させること。
(4) 本件機械一式に既に付着しているものを取り外すこと。
(5) 本件機械一式の性能若しくは機能の変更又は改造をすること。
(6) 本件機械を18歳未満の者に使用させること。未成年の方はマシン利用同意書(未成年)が必要となります。
(7) 本件機械を子どもの手の届く場所で保管し、または利用する行為。
3, 乙が、本条第 1 項及び第2項に反した使用方法によって本件機械一式を破損したときは、乙は、甲に し、これにより生じた一切の損害(直接損害のみならず間 接損害のほか、弁護士費用等を含む。)を賠償するものとします。
4, 甲は、乙が本件機械一式を使用したことにより乙および第三者に生じた損害について、これを賠償する責任は負わないものとします。
5, 乙は、甲の書面による事前の同意がない限り、本件機械一式を第三者に対し、 渡、転貸、移転、担保設定その他の 分をすることは認められません (以下「不正利用」といいます。)。

5条 本件機械一式の異常・不良等
1, 甲は、本件機械一式に初期不良もしくは不具合があったときは、これを交換するものとします。
2,  甲による本条第 1 項の交換期間中に乙および第三者に生じた損害について、甲はこれを賠償する責任を負わないものとします。
3, 乙は、甲が本条第1項の交換 応中、本件機械一式を使用できないとしても、会費の減額請求等はできないものとします。
4,    第 1 条第 1 項マシンが対象機種である場合で、メーカーの生産中止等により修理 ができない場合、乙は甲に対 し、他の象機種への交換、または、マシンレンタルの解約を請求することができるものとします。
5, 乙は、本件機械一式に異常があると認められるときは、本件機械一式の使用を直ちに中止し、甲に報告するものとします。

6条 費用負担について
本件機械一式の使用のために要する電気代、水道代、部品の取替え料金、クリーム代、ジェル代、電 絶縁体の管理費用その 他の本件機械一式の通常 の管理のために要する費用は、乙の負担とします。

7条 禁止事項等について
1, 乙は、本件機械一式を第三者に使用させてはならないものとします。
2, 乙は、本件機械一式の所有権を第三者に移転し、あるいは本件機械一式の管理 保全等を第三者に委託してはならないこととします。
3, 乙は、本件機械一式を商業用の為に使用してはならないものとします。
4, 乙が、前各項に反したときは、甲は、乙に し、本件機械一式を甲が定める金額(275万)で買い取らせることができるものとします。

8条 本件機械一式の返却について
 1 , 乙は、甲に対し、マシンレンタルが終了したときは、マシンレンタル契約期間内に甲が指定する場所へ到着するように本件機械一式を返却することとします。返却が完了するまでのマシンレンタル料を日割りにて支払うものとします。なお、返却予定日を1週間経過しても本件機械一式が返却されない場合は、マシンレンタルが終了していないものとみなし、乙はレンタル料の支払いを免れることはできず、乙は甲に対し、継続して1か月単位でマシンレンタル料を支払うこととします。
2,  前項の返却に要する費用は、乙の負担とします。また、乙は全1項の返却に際して、甲指定の段ボール等の梱包材を使用して甲指定の方法により梱包を行うこととします。甲指定の梱包材を使用せず、または、甲指定の梱包方法に従わず返却を行ったことにより、本件機械一式の破損、故障等が認められた時は、乙は甲に原状回復費用を支払うものとします。
3,  甲は、乙による本件機械一式の返却後、本件機械一式の破損、故障等を確認し、これらが認められたときは、乙に連絡するものとします。
4,  乙は、甲に対し、本条第 3 項の破損、故障等が認められたときは、速やかに現状回復に要する費用を支払うものとします。
5,  乙は、本条第3項の破損、故障等の不存在について、これを本件機械一式の返却時に書面にて証明しなければ本条第 4 項の責任を免れないものとします。
6,  返却予定日を30日経過しても本件機械一式が返却されない場合は、甲は、乙に対し、甲の選択により、本件機械一式の返還に代えて、本件機械一式の価格相当の275万円を請求できるものとする。

9条 解約・解除について
 1 , 甲は、乙が本規約の各条項に該当したときは、直ちにマシンレンタルを解除と損害賠償を請求することができるものとします。
(1)乙が本規約の各条項に違反したとき
(2)乙が返品を繰り返したり、クレームを繰り返したりするなど不適と判断した場合
(3)利用料金の支払いを怠ったとき
(4)本件機械1式についての利用方法を守らない場合
2,乙が前項に定める本件一式の返還を遅延した場合には、甲は本物件を自ら引き上げることができるものとします。乙はかかる引き上げに際して、甲又は甲が委託した者が乙の土地建物に立ち入ることをあらかじめ承諾するものとします。なお、甲が本件機械一式の引き上げに要した費用は乙の負担とします。
3,乙は、甲に対し、別途当社が指定する解約手続きをもってマシンレンタルを中途解約することができます。なお、乙は、中途解約した場合であっても、マシンレンタルの 満了日までにおける本件機械一式のレンタル料の支払い義務を免れるものではありません。
(解約届提出日:毎月15日まで)
(マシンレンタル満了日:翌月末日)
(例:4月15日までに解約届提出、5月末満了)
(例:4月16日~5月15日に解約届提出、6月末満了)
4, 前項の解約は、甲が、乙に対し、乙からのメールによる解約に関する問い合わせに基づき送付するマシンレンタル解約届によって行うものとします。マシンレンタル解約届が甲に到着してから前項に基づいてマシンレンタル終了となります。

 第10条 違約金及び損害賠償について
1, 乙が本規約の各条項に反したことにより、甲及び第三者に損害が生じたときは、乙はこれにより生じた一切の損害(直接損害のみならず間接損害のほ か、弁護士費用等を含む。)を賠償する責任を負います。
2, 甲が乙ないし第三者による不正利用及び紛失を確認した場合には、乙及び第三者は、甲に対し、連帯してマシン買取費用を支払う責任を負います。なお、マシン買取費用を超える損害(直接損害、間接損害のほか、弁護士費用及び調 費用等を含む。(が生じた場合には、甲は、乙及び第三者に し、別途損害賠償を請求することを妨げられません。

11条 遅延損害金
乙がレンタル料や送料等、本規約に基づく金銭の支払を怠った場合は、甲は乙に対し、支払うべき金額に対し支払期日の翌日からその完済に至るまで年14.6%の割合(1 年に満たない期間については、1 年を365 日として日割り計算による)による遅延損害金を請求することができるものとします。

12秘密保持
乙は本契約において知りえた甲の営業上の情報(以下「秘密情報」という)を、利用期間中のみならず本契約終了後も現に秘密として保持するものとし、事前に甲の書面による承諾を得ることなく、これを第三者に開示・漏洩してはなりません。但し、次の各号の一に該当する場合はこの限りではありません。
(1) 開示を受けたときに、既に乙が所有していたことを証明できる情報
(2) 開示を受けたときに、既に公知であった情報
(3) 開示を受けた後、乙の責めに帰すべき事由によることなく公知となった情報
(4) 秘密情報に依拠することなく、借主が独自に創作・開発した情報

13条 反社会的勢力の排除
1 ,甲及び乙は、それぞれ相手方に対し、次の各号について表明し保証します。
(1)自らが、暴力 、暴力 員、暴力団員でなくなった時から5年を過しない者、暴力 準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、 特殊知能暴力集 その他これらに準ずる者(以下総 して「反社会的勢力」という。)ではないこと 。
(2) 自らもしくは第三者の不正の利益を図る目的、又は第三者に損害を与える目的をもって反社会的勢力を利用していると認められる関係でないこと。
(3) 反社会的勢力に して資金等を提供し、又は便宜を供与するなど反社会的勢力の維持、運 に協力し、又は関与している関係でないこと 。
(4) 乙について、本条第 1 項各号のいずれかに該 した場合には、甲は何らの催告を要せずして,マシンレンタルを解除することができます。
(5) 本条第 2 項の規定によりマシンレンタルが解除された場合には,乙は、甲に して、甲の被った一切の損害(直接損害のみならず間接損害のほか、弁 護士費用等を含む。)を賠償するものとします。
(6)本条第 2 項の規定によりマシンレンタルが解除された場合には、乙は、解除により生じる損害について、甲に対して一切の請求を行わないこととしま す。

14条 店頭プランとの関係について
   マシンレンタルが終了、無効、取消しとなった場合であっても、店頭プランに関する契約には影響せず、同プランは完全に効力を有するものとします。

15条 準拠法および専属管轄
1 ,マシンレンタルについての準拠法は日本法とします。
2 ,マシンレンタルに関する紛争等について協議により解決することができない場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

16条 協議条項
本規約の解 その他の事項につき生じた疑義及び本規約に規定のない事項については、甲及び乙双方が誠意をもって協議の上、解決するものとします。

【注意事項】
本件機械一式に関して、下記ご注意ください。

◆以下の部位へ使用しないでください
・粘膜・眼球・口内・心臓近く(心臓15cm以内)、頭、喉仏、陰部、肝斑
・整形手術をした部位
・傷口や脱毛後間もない部位
・月経時の腹部・痛覚、知覚障害を起こしてる部位
・皮膚異常のある部位、黒皮症
・金属、プラスチック、シリコンなどを体内に埋め込んでいる部位
・化粧品などで皮膚炎症をおこしている部位
・ニキビや吹き出物のなど炎症を起こしている部位
・アトピー性皮膚炎、湿疹など症状がある部位
・痒みや火照り、物理的刺激による病的なシミのある部位
・指定部以外

♦医療用電子機器との併用は危険ですので、絶対に行わないでください。
・ペースメーカー等体内埋め込み型医療用電子機器
・人工肺などの生命維持用医療用電子機器
・心電計などの装着型医療用電子機器をお使いの方

◆以下のいずれかに当てはまる方は使用しないでください。
・医師の治療を受けている方
・心臓疾患、急性疾患、有熱性疾患、感染症疾患、結核性疾患、内臓疾患、血友病疾患の方
・妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方、授乳中の方、
・アルコールを帯びてる方、薬を服用中の方
・皮膚疾患(アトピー性皮膚炎、アレルギー大使手う、お肌が敏感、皮膚炎を起こしている、日焼けで肌が炎症を起こしている、ニキビ化膿、かゆみやほてりがある肌、シミ、タトゥーを入れている方等)
・ステロイド系ホルモン剤の長期使用や肝臓機能障害で、毛細血管拡張を起こしている方
・感染症疾患・てんかん・血液異常(心臓病等)・血行障害、金属アレルギー、神経痛、悪性腫瘍のある方
・成長過程の方
・その他体調のすぐれない方、喘息、疲労が激しい、痛覚・知覚に障害のある方

※通院中の方は必ず医師に御相談の上、ご使用ください。
※乳幼児へのご使用は禁止です。
※他人へのご使用はお控えください。

お客様がご自身の判断で施術を行い、皮膚などのトラブルや当社で各種事故が発生した場合には、当社は一切責任をおとりできません。

VICTORIA株式会社