WWD BEAUTY Vol.594 にて、VICTORIA SELFESTE表参道店 新店舗OPENの情報が掲載されました。

WWD BEAUTY Vol.594 にて、VICTORIA SELFESTE表参道店 新店舗OPENの情報が掲載されました。

セルフエステ市場は“コロナ太り”対策の需要に期待

[一部記事抜粋]

緊急事態宣言が発令された後、大半の大手サロンは休業・もしくは時短営業の措置をとっているが、中でも注目されているのが定額制セルフエステの動向だ。「17年にオープンしたから新型コロナの影響を受けるまでは、右肩上がりの成長を続けていた。新型コロナの影響が収まった後も、衛生に関する人が集まることへの不安感などはずぐに変わらないと思う。そうした中で、完全個室で、入店から退店まで誰とも接しないで施術を受けられるというこの業態の特徴は、お客さまにとって来店しやすいものだと考える」と、定額制セルフエステのパイオニアである「じぶんdeエステ」を展開する博心の古川美佐子・社長は話す。4月に東京・表参道に新店をオープンした定額制セルフエステスタジオ「ヴィクトリア セルフエステ」の広報担当者も「外出自粛の影響で、運動不足や食べ過ぎなどで早く体のメンテナンスをしたいと思っているお客さまは数多くいる。実際、ジムやヨガに通うことができず、この機会にセルフエステで体のメンテナンスをしたいという声は多い」と話している。