WWD beauty Vol.592にて、VICTORIA SELFESTE表参道店 新店舗OPEN情報が掲載されました。

WWD beauty Vol.592にて、VICTORIA SELFESTE表参道店 新店舗OPEN情報が掲載されました。

 

「ヴィクトリア セルフエステ」が月額5,800円~で表参道にオープン

 

[記事抜粋]

トータルビューティーセルフスタジオを運営するヴィクトリアは、定額制セルフスタジオ「ヴィクトリアセルフエステ表参道店」を4月4日にオープンした。

特徴はキャビテーション、ラジオ波(RF)、ポレーションなど1台4役の先端エステマシン「アイコントゥア」を全個室に導入していること。

共有スペースにはフェイシャルマシンも完備し、料金は各店50人限定ながら50分コースで月額5,800円~、通常プランでも月額7,800円~と高いコストパフォーマンスが人気の秘訣だ。

予約はスマートフォンの操作で簡単にでき、チェックインはスマホをかざすだけ、チェックアウトは個室のiPadからできるという利便性も特徴となってる。

こうしたエステスタジオはホワイトを基調とした内装であるケースが多いが、同スタジオはホワイト、ピンク、ブラックを基調としており、VMDの面でも他店との差別化になっている。

「1月に東京・恵比寿にオープンした1号店の好調を受け、2号店としてオープンした。セルフエステの業種は全体的に好調だが、当店は特に高性能マシンの導入と高パフォーマンスで好評を得ている。

新型コロナウイルスの影響で、サロン市場は売り上げを落としている店舗が多いと聞くが、当スタジオは今のところ大きな影響は受けていない。完全個室で、機器の使い方の説明も個室に備え付けのiPad

で見ることができるという点が安心感につながっているようだ」と同社の広報は話す。

 

 

 

 


VICTORIA SELFESTE表参道店 4月4日GRAND OPEN